東方の「クリア」に対する考え・改

ふと思い立ったので。

以前投稿した『東方の「クリア」に対する考え』、今振り返って読んでみると色々今の自分と違うな~と思う所があるのでまたまた現在の考えを文にしていこうと思います。

あ、前の記事は下書きに戻しました。ご了承下さい

 

尚以前はIIDXを用いて比較し考察していきましたがややこしいし寺やってないと分からないと思うので今回はそれを無しとしましょう

 

ではどうぞ。

 

目次

 

 

1:色々な「クリア」

ノーコンテニュークリア

そもそも東方においての「クリア」とは何を指すのか。

少なくとも東方においてクリアとは目指すものであり、即ち目標であると私は思っています。

 

一般的に最もメジャー(と言う一部以外それしかクリアと呼ばないと思う)のは「ノーコンテニュークリア*1」だと思います。

コンテニュー有クリアは公式でもバッドエンディング扱い(多分)なのでこれは省きます

 

ノーコンクリア、即ちコンテニューをしないでクリアする事です。

限られた残機とボムで上手く立ち回り残機が底をつく事無くクリアする。

ミスもボムも可能な限り許されるので一件簡単に見えますが難易度が上がれば上がる程弾幕は密度を増し、難しくなっていくでしょう。

Lunaticのノーコンなんて言ったらそれはもうとんでもない事になってます

所謂「パターン化」がクリアの鍵を握ります

 

 

ノーミスクリア・ノーミスノーボムフルスペカ

話が逸れましたが東方で最も一般的なのは先程挙げたノーコンクリアです

では他にはどう言った「クリア」が存在するのか?

人それぞれですが私はノーコン含め計三種類だと考えています

 

1:ノーミスクリア(NM)*2

1度も被弾せず*3クリアする事

 

2:ノーミスノーボムフルスペカ(NNFS)

1度も被弾せず、1度もボムを使用せず、スペルカードを全て取得しクリアする事

 

この3つです。

他にも全取得か問わないノーミスノーボムクリアや低速封印、ノーショットなどの縛りプレーなど色々ありますが...今回それは除外します。

 

何故ノーミスノーボム"フルスペカ"なのかと言うと「永夜抄においても完璧なノーミスノーボムである為」です。

永夜抄には「ラストスペル」と呼ばれるある条件を満たすと出現するスペカが存在します。

このスペカは「あなたの腕前」画面でミスとしてカウントされず、被弾してもラストスペル以外がNNFSであれば「ノーミスノーボム」として扱えてしまいます。

 

更にどの作品においても完璧なクリアである為

妖々夢の結界

星蓮船ベントラ

神霊廟のトランス これらは自動的に縛る事になります。

ちなみに当ブログの解釈として

ノー結界は結界発動中被弾したら即アウト

ノーベントラーはベントラーをとってしまった場合即アウト

ノートランスは被弾時発動したトランスは撃ち込み有 としています。

 

 

ここで一つ疑問が浮かぶと思います

「ノーボムはクリアとして扱わないのか?」

 

結論から言うと私はノーボムをクリアとして扱っていません。

只クリアとして扱わないだけでノーボムはプレーの一環として大いにアリです。

むしろノーボムプレーは「クリア」に絶対必要な要素だと考えています。

詳しい話は後述します

 

 

 

2:何故NC・NM・NNFSの三つなのか?

結論から言うと「ノーコンを極めた先がノーミス」であり、「ノーボムを極めた先がノーミスノーボムフルスペカ」であるからです。

 

ノーコンとは先程挙げた通り「限られた残機とボムで上手く立ち回り残機が底をつく事無くクリアする」ことです

一方ノーミスはノーコンと同じ書き方をすれば「限られたボムで上手く立ち回り被弾する事なくクリアする」ことです。

 

ノーボムとは「ボムを使用せず限られた残機で上手く立ち回り残機が底をつく事無くクリアする」ことです

一方ノーミスノーボムフルスペカは「ボムを使用せず上手く立ち回り被弾する事無くクリアする」ことです。

 

ノーコンノーミスノーボムノーミスノーボムフルスペカ

一見どちらも同じクリアですが前者と後者では大きな違いがあります

それはボムの有無です。

 

 

ノーコンでボム使用前提だった区間が安定して避けられるようになったりもっと上手いボムの発動タイミングがあったり...段々詰めていくと次第に被弾が減っていきます

そうして行き着いた先がノーミスクリアです。

 

対してノーボムで被弾率の高かったスペカの取得率が上がったりパターン化がより精密化されていくと次第に被弾が減っていきます

そうして行き着いた先がノーミスノーボムフルスペカです

「NMを更に極めればNNFSになるのでは?」と疑問にする方もいるかもしれませんがノーミスノーボムフルスペカはスペカを耐久したりボムを使用した瞬間NNFSでは無くなります。

感覚的にはノーミスを目標にしたプレーよりもノーボムプレーの方が近い、それを前提とした上での話です。

 

以上の事から「ノーコンを極めた先がノーミス」「ノーボムを極めた先がノーミスノーボムフルスペカ」であり、上記の関係から目標、即ちクリアはNC・NM・NNFSの三種類であると考えています。

 

 

 

3:ノーボムを除外した理由

「なら尚更なんでノーボムをクリアとして扱わないの?」

ますます疑問になった方もいると思います

これにはいくつか理由がありますのでそれぞれ説明していきます

 

 

理由その1

作品それぞれ同じ感覚で攻略ができない為。

「感覚」とは入力の遅延などと言った話ではありません

主に星蓮船のせい。もし仮に「ノーミスノーボムフルスペカを目指すノーボムプレー」をした場合ベントラーは当然縛るべきです。

 

先程挙げた通りNNFSの場合結界・ベントラー・トランスは縛っています。つまり星蓮船をノーボムで攻略するとなると自動的にノーボムノーベントラーになる訳ですが..

星蓮船ベントラーを除くと3機+欠片1つ分しかエクステンドしません。

結果初期残機2+3+かけら1つで合計5+欠片1で許容ミスは5となります

つまり星蓮船を他作品と同様にノーボムプレーで攻略する為にはベントラーも含めたパターンが必要になる訳ですがそうなると...(その2に続く)

 

 

理由その2

ノーミスノーボムフルスペカを狙うパターンとはかけ離れる場合がある為。

その1で挙げたように星蓮船を他作品とほぼ同等の条件でノーボムクリアする為にはベントラー含めたパターンが必要になります。

しかしそうなるとNNFS時のパターンとはかけ離れます

かと言ってベントラーを有りにすると妖々夢の結界は?神霊廟のトランスは?と話は色々違って来るのです。

 

 

理由その3

ノーボムはクリア以外に使い道がある為。

しかしだからと言ってノーボムを一切しないのも非効率的です。

ノーボムはNC・NM・NNFSとはまた別のベクトルで目標に迫って行きます

 

それは「被弾数」です

ノーボムはボムこそ縛りますが被弾は底をつかない限りいくらでも許されます、8ミスだろうが2ミスだろうが同じ「ノーボムクリア」として扱われるのです。

つまりこの「被弾数」を詰めていきノーミスノーボムフルスペカを目指します

 

 

よって「ノーボムはノーミスノーボムフルスペカの"途中"であってクリアではない」と言う結論に行き着く訳です。

 

 

まとめ

以上の事からノーコン・ノーミス・ノーミスノーボムフルスペカの三段階をクリアとし、私は目標設定をしています。

 

これは私個人の目標設定の問題であって、ノーミスを除外してノーボムを目標にしたり取得不問のNNだったりベントラーを組み込んだNNFSだったりするとまた話は違うと思います。

「クリアとはこういう事であり、そうなると自然とこうなる」と言う事をダラダラ並べただけなので全て正しいとは思っていません。

 

自己満足でこういうポリシーを立ててその結果こうだよって話なので全部鵜呑みにしないでね。

*1:以下ノーコンクリア・ノーコン・NC

*2: ()内は略称

*3:喰らいボムは被弾扱いしない事とする